教育実習終了

ここでは、「教育実習終了」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今月・先月とブログを始めて以来の更新の少なさですが、まあそれに比例して色々忙しいのだと察して頂ければ幸いです

それはともかく、昨日、三週間に及ぶ教育実習が無事に終了しました
母校での三週間、本当にたくさんのものが得られ、充実した日々となり、当初思い描いていたのとは全く違った実習生活となりました

最初は長く思われた三週間も終わってみればあっという間で、間に院試があったといえど、それも何とかこなすことができ、クラスの生徒達ともかなり仲良くなれたし、授業も大きな問題もなく順調にこなすことができ、そして高校の体育大会にも参加できました

この辺の細かいところはその都度記事にできなかったのは残念ですが、その節目節目はその分さらに忙しかったり疲れたりでブログ更新している場合ではなかったので…

他の実習生は僕と違って、数クラス分の授業、つまり自分の指導教官の受け持っている全ての授業を担当していましたが、僕は1クラス分しか担当しなかったのは、実習が始まった当初に書いた記事の通りです。

その分空き時間も多く、控室で暇をもてあそんでいたということも少なくありませんでしたが、その分、次回授業、更にそれ以降の授業の計画や板書ノートを考える時間も多くあり、先取り先取りで授業振興計画を組めたので、家での作業がかなり軽減はされましたね

クラスの生徒たちも、最初の自己紹介で上手く絡みを持つことができ、よい関係性で実習生活を送れたと思います。授業だけではなく、休み時間に出会ったりしたら挨拶したり雑談したりなど、先生と生徒という関係だけでなく、年齢が普通の先生よりも近い分、マンガやゲーム、テレビの話などもでき、先輩後輩的な側面もありました

体育大会は、運動が大嫌いな僕としては参加したくはなかったのですが、実習生チームとして走らざるを得ず、見事なまでの凡走を見せることとなり、まあいいネタになればという感じでした。というかネタでした

待ち時間の生徒管理などもそれまでに築いてきた関係のおかげでスムーズに行うこともでき、クラスの人数が少ないこともあって、一週間ほどでほぼ全員の顔と名前も一致させることができました

そういった日々の細かい出来事も、最終的には大学に提出しないといけない実習ノートというものに記入し、毎日指導教員のチェックと講評をもらわなければならないのは面倒でしたが、何とかそれも毎日それなりの量を書きました。

昨日それを最後に提出したので、後日にまた取りに行かないといけないですが、まあそれは大学に行くついでにも行こうと思います。

また、元担任やお世話になった先生にも色々ご挨拶もでき、自分の担当していない学年のクラスで話をさせてもらう機会をもらうなど、教師としてだけでなく、一人間としてもまた一つ成長できたんじゃないかと自己評価しています

また、毎日食堂で昼食をとったのですが、それもまたどれも懐かしい感じで当時を思い出しました。少しメニューが変わってたりもしましたが、その辺りも楽しませてもらい、食堂のおばちゃんもしっかり覚えていてくれました

まあかなり頻繁に利用していた上に、結構親しく話をしたりしてましたしね、忘れられていたら逆にショックです

そんなこんなあって、本当に充実した三週間で、実習生同士もいい関係の中で過ごすことができ、楽しい実習生活でした。まだ続いてもいいと感じるくらいでしたが、やはり寝るのと起きるのが早いのは最後まで辛かったです

僕は教師になる予定はありませんが、この貴重な経験を活かしてこれからの生活も頑張っていこうと思います。また、この実習生活を通して本気で教師というのもいいかもしれないとも感じましたが、それはそれで本職になると実習生ほど甘くはないということもよく分かりました

何はともあれ、普通の大学生活ではできない経験でもあったので、特殊な社会勉強の一つとしても非常にためになりました。この記事を見ている人の中で来年大学生、又は現在一年生の人で迷っている人がいたら、教職は資格だけでも取ることをオススメします。

大学を出てしまうと一般の資格の様にホイホイ取れないものですので。2年生の人も頑張ればこれからでも可能ですが、かなりしんどいと思います。

なので、一年生の人は来年からでもオススメしておきます

僕は今まで教職を取ることにそんな積極的ではなかったですが、この教育実習で大きく見方も変わり、また自分自身を磨くという意味でもいい機会となりました。それくらい大きな大きな経験となりました。一人でも多くこの貴重な経験をして、そして新たな自分とか見つけてほしいと感じました。

教師になるかならないかは別として、教育実習という経験だけでも大きく変わると思います

何か最後に真面目な感じになっちゃいましたが、まあそれくらい僕の人生に大きな影響を与えることになるであろう三週間でした。

また高校には時間のある時に、できれば、僕の担当したクラスの生徒たちが在学中に、遊びに行こうと思います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
実習お疲れ様でしたっ!
長かったですね3週間・・・。
こちらの話になりますが、
数年前に会社を辞めた同僚が現在
臨時教師をしています。
この前遊びに来て話してたのだけど、
常勤の資格はことごとく落としてるらしくw
子供が好きって言う気持ちだけでやってみるたいですわ。
小学生を主に持ってるけれど、
一人一人を把握するのがとても大変だとか。
クラスで1人見る生徒が増えるとぜんぜん苦労の度合いが違うらしいですね。
精神的につらいこともあるかもしれないけれど生きがいにできれば
とてもいい仕事かもしれません。
ラプターさんもいい経験をしたっていうことですなぁ(*´д`*)
俺なら生徒にいじめられてオワルw

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
2012/09/25(火) 05:35 | URL | あげたこ #-[ 編集]
あげたこさん、コメントありがとうございます。

まず先生の仕事は生徒の名前を覚えることからですからねwww

僕の場合は人数少なくてよかったですが、これが共学とか小学校になってくるとまた違ったややこしい問題も出てきたりして、大変な職業だと思います。

今小学校教諭は不足しているので、小学校ならどこでも通れるレベルのはずなんですが、高校は倍率とか引きますねwww

まあいい経験はできました^^
2012/09/26(水) 01:40 | URL | ラプター #fH7V5HK6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anitamaradio0114.blog66.fc2.com/tb.php/1078-a7697886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。