FC2ブログ

約一ヶ月ぶりの海

ここでは、「約一ヶ月ぶりの海」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今日はブログを更新していなかった間にあったことについて一つ、書いていこうと思います。タイトル通り、海に行ってきました
日程は7月16日、海の日です。

この日はいつも通り、朝早くに迎えに来てもらい、朝食を食べに行って、10時過ぎに船のところに到着しました。

前に船で海に行ったのは今から約一か月前で、浅瀬に乗り上げてしまって船を修理に出し、そのまま船検なども行ったりしていたようで、先週辺りにやっと船が返ってきていたようです。なので、約一か月ぶりくらいに船で海へ出るわけです

ただ、この日はぶっちゃけ、出る前からそんなにテンションは高くなかったんです。というのも、どう考えても人手不足だったんです

オーナーである伯父は操船メインなのでいつも動き手にはならず、普段は従兄弟、僕、従姉の旦那の三人で着岸や係留の際の措置をしています。そこに僕の親父が入ると更にぐっと楽になります。

しかしこの日の面子は悲惨というか、僕一人でした。従兄弟は嫁さんと一緒にジェットを運ぶ役回り、従姉の旦那さんは仕事、親父は地元の寄合のため不参加、結果、船内での男手は僕一人に…

まあだからなおさら行かないわけにはいかず、女性陣はそもそも動かすわけにはいきませんし、子供の面倒も見なければならず、離岸の段階で暑いしあっちこっち準備しないといけないしで、出航したころには既にへばってしまっていました

さらにこの日、めちゃめちゃ波が高く、湾内でもうねるほどで、湾外に出ると船が上下に大きく降られるほどの波、天気はめちゃめちゃよかったんですが、風のせいか、海も汚く波もヤバかったです

そんな中、何とか目的の島に到着、着岸は向こうにいた人に手伝ってもらいました。そこでいつも通り新鮮な海の幸を頂き、一年ぶりのジェットを満喫しました
やっぱジェットは楽しいですね

波が高くて結構飛び跳ねて水をかぶったりもしましたが、ジェットの場合はそれも楽しみの一つ、十分に遊ばせて頂きました

そうして15時頃に島を離れ、少し遠回りをしながら地元の港に戻ってきたわけですが、ここからがまあ長かった…直ったばかりの船なんですが、船を桟橋に着けようとしていた際、風や波に押されて船が流され、アンカーロープが片方のプロペラに巻き付いてしまい、動かなくなってしまったのです

何とか海面に出ている部分で切り離して桟橋につけることはできたんですが、今度はジェットの方にも問題があることが発覚…

ジェットインテークという部分からゴミか何かを吸い込んでしまったのかもしれないということで、船とは反対側の岸にジェットを持って行って陸に少し上げ、ひっくり返して取り除く作業…

これも僕と従兄弟、従姉の嫁さんとでやったんですが、支えるのが僕と従兄弟の嫁さんなもんで、とてもじゃないけど耐えられず、木材でつっかえ棒としつつ作業を進めていったんですが、従兄弟はジェットの長時間操縦で疲れ、僕も船上作業で疲れていたために作業は難航、一時間以上ジェットを支えることになりました

その間に顔も手もしっかり真っ赤に日焼けし、しかも、作業の結果、何も吸い込んでおらず、コンピューターか何か別の原因である可能性が発覚、無駄な時間を過ごした気分でした

結局、僕は正常なジェット、従兄弟がその故障したジェットに乗り込み、近くの海水浴場からジェットを陸揚げすべく移動したんですが、故障したジェットが10km/hしかスピードがでないので、ゆっくりゆっくり、一時間もかけて海を移動したため、さらに疲れは溜まりましたね

そんなこんなで長い一日が終わったんですが、真っ赤に日焼けして全身火照るように熱く、ぶっちゃけ疲れのみが残った感じではありましたね

まあ、船に関しては僕にも多少の責任もあるとは思うので、責任は感じています。これからはもっと注意深く周りの状況に目を配れるようにしていこうと思います。

これに懲りず、また海で楽しみたいですが、またトラウマが増えちゃいましたね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anitamaradio0114.blog66.fc2.com/tb.php/1063-16a24efe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。