FC2ブログ

初高知旅行~二日目~

ここでは、「初高知旅行~二日目~」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、昨日長々と高知旅行初日について書きましたが、今日は二日目について書いていこうと思います。

二日目の朝は早く、6時半起きでした。というのも、バス旅行独特の慣習ではあるのですが、朝出るのがめちゃめちゃ早いんです。この日も朝7時45分でした。

しかし、普段からバス旅行行っている母たちからしても時間そのものはこんなもんなんですが、余裕がなさすぎるということでした。というのも、ホテルの朝食が7時からなんですよね
つまり45分以内に朝食をとり、部屋に戻って荷物をまとめて出ないといけないわけです。

まあ、もう当然、朝食前にすべての荷物をまとめましたね。
で、朝食バイキングをそれなりにガッツリと頂いて、5分前にはバスに乗り込むことはできました

そしてこの日一番の問題が天気でした。台風4号はとっくに過ぎ去ったわけですが、台風5号から変化した低気圧が梅雨前線と共に襲来、まあどえらい雨が朝から降ってました

しかもこの二日目、全ての観光先が外で、屋内は皆無だったんですよね…まあ不安というか、どうすんのこれ、という空気が漂う中、バスは出発、最初の目的地である武家屋敷の見れるという住宅街のような場所にやって来ました。

当然雨がやんでいるわけもなく、何だったら強くなっているくらいのもので、傘の意味をなさないほど…

降りない人も当然のごとくいましたが、僕はせっかく来ているのに降りないのはもったいないということで、降りて添乗員に着いていってみました。

ザーザーと雨が降る中歩くこと約5分。武家屋敷通りに到着したわけですが、この時点で足元も服もビッチョビチョ…

こんな通り
高知旅行二日目①

一か所だけ公開されている場所があるということで入ってみましたが、足元は砂利で、水が全面に溜まっていてとてもじゃないけど近づけず、そのままバスに戻ってきました

ちなみに、側溝はこんな感じに…
高知旅行二日目②

川の流れよろしくな勢いで流れてましたね

バス内である程度タオルで拭きましたが、まあ意味なかったですね
着替える場所もないので、そのまま濡れたまま過ごすことに…

そして次の観光場所は、くろしお鉄道への試乗というか、二駅分の移動。

こんな電車でした
高知旅行二日目③

この電車一時間に一本しかなかったので、時間を合わせるために朝が早かったようですが、先ほどの観光でかなり時間が前倒しになったので、乗車駅で20分ほど時間を潰すことに。

それから乗車したわけですが、さらに電車が雨のために6分遅れ…海が見えるかと思えば地味に遠いし、しかも雨で外の気温が下がり、電車内は観光客と、そして平日なので一般の客もいて温度が高く、窓が結露して外が見えず、降車駅に着いたら雨に加えて風も強くなっていて傘がぶっ壊れたり吹っ飛んだりしている人続出…

何にもいいことはなかったですね

まあそんな踏んだり蹴ったりな乗車体験を終え、次に向かったのは完全に外、「モネの庭」という場所。これまたなかなかの山の中でして、相変わらず雨は降りっぱなし

ここは画家のモネが絵の題材にしたことで有名なフランスにあるモネの庭を再現した場所で、様々な鼻が植えられていて、そこを歩いて色々と観察したりするわけですが、もちろん、外です。
大半の人はバス内待機か、隣にあるお土産屋にいましたね

ここでもぼくはせっかくだということで、ガイドさんに着いていくという数名の一番後ろから歩いて行ったわけですが、ぶっちゃけ花や池の話にはほぼ興味はなかったので、道案内程度に着いて行っていただけで、勝手に花の写メを撮ったり、観察したりしていました。

写メった花の一部、名前は知りません
高知旅行二日目④   高知旅行二日目⑥

高知旅行二日目⑤

下の画像は、蓮の葉の浮いた池です。モネの絵でも有名ですね。

まあ、おかげでまたビッショビショになっちゃいましたがね

ここでまた濡れてしまったわけですが、この次もまた大いに濡れる場所。そう、高知県で有名な岬の一つ、室戸岬がコースに入ってるんですよね

まあもうどうなるかは目に見えていましたが、その前に昼食。室戸岬の近所のレストランのような場所で昼食。ここ、かなり美味しかったんですが、値段も安く、結構オススメですね
シレストむろと」という場所でした。

その後、室戸岬に向かったんですが、降りたのは10人弱で、その中で最後まで外にいたのが僕でした
もう傘をさすだけ無駄、むしろ邪魔になると思ったので、どうせ濡れてるのでそのまま外に出て、荒れてる海を海岸から写メったり、近くの中岡新太郎の像を撮りに行ったりしました

室戸岬&中岡慎太郎像
高知旅行二日目⑦   高知旅行二日目⑧

高知旅行二日目⑨

言わずもがな、再び濡れたわけですが、もういいです

ただ、濡れすぎて体が冷え、そこから一時間ほどバスは移動したんですが、その間トイレに行きたくてしゃあなかったですね

そして、この日最後の観光地が、高知でウミガメの産卵名所である日和佐の大浜海岸。まあ、ぶっちゃけくっそどうでもよかったですね
ウミガメの産卵が見れるわけでもないし、海岸もそんなにきれいではなく、雨は小降りにはなっていたものの寒いし…

トイレに行って、水槽みたいな場所に入れられているウミガメを写メってさっさとバス内に戻ってきました。

こんな感じ
高知旅行二日目⑩   高知旅行二日目⑪

これで高知県内すべての観光が終了し、そのまま高速に向かってバスは走りだし、18時頃、淡路のインターまで戻ってきました。橋を渡れないんじゃないかという不安はあったんですが、問題なく戻ってこれました。

淡路インターで少し腹ごしらえできるものを購入しバス内で食べながら、帰りは三宮→明石→姫路の順に帰ってきました。姫路に着いたのは20時頃でしたね。

そうして車を運転して帰宅、待っていた親父と妹と一緒に王将に晩飯を食べに行ってやっとこさ落ち着いたという感じでした。

二日目はとにかく雨に頭を悩まされることになりましたが、まあ自分たちで行くことのないような場所には行けたのでよかったです。

この二日間を通して感じたこと、おそれは、やっぱり高知は田舎ってことですね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anitamaradio0114.blog66.fc2.com/tb.php/1043-a5142e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
さて、昨日長々と高知旅行初日について書きましたが、今日は二日目について書いていこうと思います。二日目の朝は早く、6時半起きでした。というのも、バス旅行独特の慣習ではあるのですが、朝出るのがめちゃめちゃ早いんです。この日も朝7時45分でした。しかし、普段から...
2012/06/25(月) | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。