FC2ブログ

無線LANルータ導入

ここでは、「無線LANルータ導入」 に関する記事を紹介しています。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は昼間、外出ついでにヤマダ電機に寄って、初めて無線LANルータなるものを買ってきました
今まで買いたかったのですが、今回はいい機会だったので買ってみた次第です

昨日の夜、今日までのラーメン屋の餃子無料券が一枚余っているのを思い出して、昼ごはんに食べに行こうと思い立ったのが事の発端で、その割引券繋がりで思い出したのが、祖父に貰ったヤマダ電機の500円割引券です。

これは、526円以上の買い物をすると500円割引してくれる券で、年間で6枚、合計3000円分の綴りで貰えるようです。ただし、それぞれの券には使用できる月が指定されており、4月から二か月区切りで一年分、計6枚3000円分となっているため、一回に使えるのは500円引きまでなのです

まあそらそんな上手いこと一気に使えるようにはなってませんわな、向こうの利益を考えても、こんなもんでしょう、僕からしたらケチぃことしやがって、とは思いますけどね

まあそんなこと言っても始まらず、早速最初の一枚、4月・5月分の券が残っていて、それも当然今日を過ぎるとただの紙切れになってしまうのでもったいなく、使いに行ってきた次第です。

で、13時くらいに家を出て、最初にラーメンを食べに行って、その後でヤマダ電機に向かいました。ここでもうクソほど悩みましたね

そもそも何を買うかも決めておらず、とりあえず500円券を使わないと、とだけ思って行ったので、何もなければエネループかUSBでも買おうと思っていたんです。

そうして色々考えながら店内回っているとふと目についたのがWi-Fi通信用のUSB端末。実は昔、USB端末Wi-Fiは購入していて何ら問題なく使えているのはいるのですが、いかんせん古い分、セキュリティレベルが低く、かつ通信速度も遅いので、新PCにはインストールしておらず、新しいやつを買おうとかねがね思っていたのです。

で、最初はUSB型のやつを色々比較していました。予算は1000~1500円だったので、それに収まるくらいのやつを見ていたんですが、どうも不安な要素がちらほら…

Windows7の64bitはどれも例外的に扱われて何かよく分からないことが書いてあったりしたわけです。そんな不安なものは買えないと思って目標をチェンジ、無線LANルータに目を付けたわけです。

もともとUSB型のやつは今までに従兄弟の家で設定したりした時に不安要素がいくつもあったので、自分で買う勇気は正直なかったんですよね

で、無線LANルータはどれも最低3000円~で、予算オーバーも甚だしい中、2000円弱のものを発見。やはり他の物よりも明らかにスペックは劣るのですが、まあ部屋で使う分には申し分なく、購入を決めました。

僕は部屋の中で、無線でプリンターを動かしたいというのが一番メインの目的としてあったので、それさえ達成できればよかったわけです

で、購入したのが
無線ルーター

かなり小さいサイズで設定もめちゃめちゃ簡単でした。僕の家は全ての部屋にLAN端子がついていて、そこからLANケーブルを接続することでインターネットに接続できます。このLANケーブルを今回購入してきたルータに接続すれば終わりです

後はSSIDとキーコードを変更して全ては整い、とりあえず僕のPCは今は無線で接続できるようになり、ついでに従兄にもらったiPadも設定し、妹が貰っていたんですが、勝手に持ってきて僕の使いやすいようにすべて設定して、僕の私物と化しました

これでまた僕の部屋のネットワーク環境はまた充実し、使いよいものになりましたね

ヤマダの割引券はまだ四枚あるので、また再来月末に使うことになるでしょうが、何を買おうかまた悩みそうです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://anitamaradio0114.blog66.fc2.com/tb.php/1024-1ce89973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日は昼間、外出ついでにヤマダ電機に寄って、初めて無線LANルータなるものを買ってきました今まで買いたかったのですが、今回はいい機会だったので買ってみた次第です昨日の夜、今日までのラーメン屋の餃子無料券が一枚余っているのを思い出して、昼ごはんに食べに行こ?...
2012/06/02(土) | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。